top of page

アメリカの郊外の住宅の特徴



エムツービルダーズでは、アメリカ風のデザインの家が人気です。


そこで、アメリカの郊外の家の特徴をまとめてみました。


【アメリカの郊外にある住宅の特徴】

アメリカの郊外の家は、デザインが多様性に富んでいますが、一般的に以下のような点が挙げられます。


◎アメリカの家の形や構造

1. 一戸建て:アメリカの多くの郊外住宅は一戸建てです。平屋(一階建て)や二階建てが一般的です。


2. 広い敷地:敷地が広く、庭やガレージが付いていることが多いのが特徴です。





◎使用している素材

1. 木材:アメリカの住宅は、木造住宅が多く見られます。アメリカでは木材が豊富であり、木造住宅は建築期間が短く出来ることもあり、建設コストが比較的低く抑えられることも理由の1つです。


2. 煉瓦:アメリカの一部の地域では煉瓦が使用されることもあります。特にアメリカの東海岸に位置するジョージア州からニューヨーク州付近のの住宅で多く見られます。


3. ビニールサイディング:アメリカの家は、外壁に樹脂系(ビニール)サイディングが使われることが多いです。その理由は、木材が剥き出しの状態よりも、樹脂で外壁を覆うことにより耐久性が高くなることと、メンテナンスを少なくすることが出来るためです。





◎屋根の形

1. ガブル屋根(切妻屋根):典型的なA字型の屋根で、雨水や雪が自然に流れ落ちやすい形状をしています。アメリカ東海岸や北部に多いヴィクトリアン建築によく見られる屋根です。


2. ヒップ屋根(寄棟屋根):四方が斜めになっている屋根で、風に対する耐久性が高いです。アメリカの南部や西海岸に多く見られます。





◎壁の形

1. 直線的な壁:アメリカの外壁はシンプルで直線的な形が多いです。映画でもよく見られますね。


2. デザインのバリエーション:一部の住宅ではベイウィンドウ(出窓)やポーチが設置され、デザインにバリエーションを持たせています。





◎その他の特徴

1. ガレージ:アメリカの多くの郊外住宅にはガレージがあるのが特徴です。アメリカのガレージは、1台から2台分の駐車スペースが確保されているのが多く、家とガレージが一体化されている住宅も数多くあります。


2. フロントヤードとバックヤード:アメリカの郊外の家の多くには、道路と家の間にある前庭(フロントヤード)と、道路の反対側に裏庭(バックヤード)の両方があるのが特徴です。前庭では地域の人々とのコミュニケーション活動に使われ、裏庭はプライベート空間としての楽しむという使い方が多いです。


3. デッキやパティオ:アメリカの住宅は、屋外で過ごすことを楽しむ習慣があるため、ウッドデッキ(家の外側)やパティオ(中庭)が付いていることが多いのが特徴です。





◎間取り

アメリカの間取りは、家全体を一つの空間となるよう、玄関や廊下、キッチンや各部屋などが、大きいリビングと仕切りなく繋がるよう設計されている間取りが多いのが特徴です。

各階は、床に仕切りや段差が少なく、フラットな状態で各部屋と繋がっているため、バリアフリーになっている家が多いです。






これらの特徴は、地域や気候、建築様式の違いにより変わることがありますが、アメリカの郊外住宅の一般的な特徴として挙げられます。



ぜひ一度、アメリカのデザイン住宅を参考に、新しい家のデザインを検討してみることをお勧めします。もしかすると、これまでにない新しい生活が過ごせるかもしれません。



 
エムツービルダーズ一級建築設計事務所

株式会社丸紀(美浜町)

営業時間平日[9:00~17:00] 土[事前予約のみ]

〒644-0044和歌山県日高郡美浜町和田2235-2 ログハウスのMLOGの隣

TEL:0738-24-9866


地元和歌山の紀州材を使用した新築住宅・別荘・店舗・事務所・事業所・複合商業施設などの建築設計やリフォームを幅広く対応可能な工務店です。お気軽にご相談ください。


 


Σχόλια


bottom of page